2005年11月08日

病気なんかに負けないぞ!

DSCF0128.JPG
これは最初で最後のラブの赤ちゃん8人の写真です。
帝王切開でラブは8人の赤ちゃんを出産しました。
新しい命の誕生に本当に感動しました。
これからこの子たちのかわいい成長が見れるのかと思うと本当に嬉しかったです。
でも・・・
次の日からは地獄でした。
8人生まれたから1〜2人は弱くて亡くなるかもというのは知っていたのですが。
次の日にチビちゃんが亡くなりました。
そして次の日には元気くん。。
1日に1人、元気だった子がいきなり衰弱し始めてあっという間に小さくなって亡くなる。恐ろしい伝染病にかかっていたのです。
病院へ連れていっても行く間に亡くなったり、行っても小さすぎて何も助けてあげる手段がないと言われたり。。
本当に私たち家族までショックで立ち直れない状態でした。
ただその中一人だけ残ったのがモカです。
今考えると、モカの生命力というのはとてもすごいものだし、亡くなった7人の兄弟の命がモカの中にいて支えていたのかもしれません。
モカももちろん、すでにたくさんの病気を抱えていました。
20030912_1943_000.jpg
上の写真はモカの赤ちゃんの時です。
病気の為寝たきり。
モカは生まれてすぐにたくさんの病気になりました。

漏斗胸・ドライアイ・足の奇形(後ろ足が逆)
伝染病・排泄障害(力がない為うんちが自分でできない)

尿結石・水頭症の疑い
一時は昏睡状態になり、病院へ連れて行くと
「おうちでみとってあげてください」と言われました。
20030820_0901_000.jpg
↑モカを抱きかかえるラブ
ラブも状況が分かっていたようでモカが苦しい声を出すと、狂ったように布団をほったりしてやり場のない怒りをぶつけていました。
見ていてとても辛かったです。
息ができないので人間のスポーツ用の酸素ボンベを2〜3分に1回、目薬を1時間に1回。お医者さまには毎日往診に来て頂いて、毎日小さい体に点滴を打ちました。ネットで検索して漏斗胸の犬のサイトを見つけそのとおりに治療を実践してみました。
みんなの協力とモカのすごい生命力で日に日に元気になり・・
遅いですがやっと3カ月目で歩けるようになりましたもうやだ〜(悲しい顔)
そして奇跡が・・すべての病気が治りましたexclamation×2
20031011_1347_000.jpg
モカよく頑張ったねぴかぴか(新しい)
もし、同じように病気のわんちゃんの飼い主さんがこれを見て少しでも希望を持ってくれたらと思い、先日日記に少しだけ書きました。
たくさんの方が見てくださり、メッセージをくださったので今回こういう形で残しておこうと思い書きました。
モカを守ることによって家族の絆も深くなりました揺れるハート
20030921_1828_000.jpg
↑モカを愛するラブ
読んでいただきありがとうございました




ニックネーム ちっち at 17:05| Comment(10) | TrackBack(0) | モカ闘病記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする